ちょこっと腸活ブログ

腸活について調べたことのまとめ

腸内環境は食物繊維と乳酸菌でぐっと元気になる!

なんとなく調子が上がらない、とくに朝から調子が良くないという人はいませんか?もしかしたら、腸内環境が乱れているかもしれませんね。

 

そんな時には、食物繊維と乳酸菌の同時摂取がおススメです。食物繊維は腸の中をお掃除してくれますし、乳酸菌は大腸菌の活動を活発にしてくれます。

 

意外と知られていないのは、同時に食べることで腸内環境が飛躍的に改善され、老廃物が排出されて体の調子が上がっていくことです。

 

たとえば、キャベツメインのサラダを50グラムとヨーグルトを80グラム程度、朝食べるだけでも、早ければ1週間程度で効果が出始めると思います。

 

とくに毎回便がゆるい、または便秘しがちという方には、ぜひ試していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

腸内環境の正常化が健康促進の第1歩と言う事に繋がります

腸内環境を良好に保つためには善玉菌を増やすことが重要になってきますが、善玉菌を多く増やす為には乳酸菌や食物繊維またはオリゴ糖を摂取する事によって、善玉菌を増やす事が出来ます。

 

善玉菌を増やす事によって悪玉菌を減らし腸内環境を正常化する事が出来ます。

 

腸内環境を正常化する事によって、大腸がんの予防や便通が良くなり健康を維持する事が出来ますので食事の際には乳酸菌や食物繊維を意識したメニュー作りが重要になってきます。

 

また腸内環境を良くすると言う事は、ホルモンの分泌が正常化され、健康に影響し特に精神面の安定作用も強く、腸内環境は万病に関係する問題であり非常に重要な体のコアで腸内環境を正常化させることが健康維持の第1歩だと言えます。

 

 

 

 

 

 

最近お気に入りのアイテム「藍の快調サポート」がいい!

不規則なシフトの職業柄、料理どころかきちんとした食事を取るのが難しい私にぴったりの商品でした。

 

繊維質の多い野菜や消化の良い食事は仕事の合間の短時間では取れないため、ついついコンビニで手軽に済ませてしまうことが多いです。

 

f:id:chokatsu:20170614034217j:plain

 

でもそんな食事スタイルでも、このアイテムなら、インスタントスープなどにでもさっと混ぜるだけで簡単に摂取できるのが使い続けられているコツかなと思います。

 

これまでのものは効果が感じられなかったり、お腹がゆるくなりすぎてしまったりで、なかなか続けることができませんでした。

 

ところが、これは飲み始めすぐに効果を感じることができました。

 

身体の中からキレイになっているからか、肌荒れやニキビが減ったようにも感じます。

 

下っ腹のぽっこりも解消され、いいことづくし。

 

これからも続けていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のオススメの便秘解消法は、モリモリスリムを飲むことです。

 

私はもともと便秘体質ではなかったので、妊娠してから便秘になり、改善方法がわからず悩みました。

続きを読む

腸内環境のキーワードとなる腸内フローラの整え方

腸内環境が語られる上で、腸内フローラという言葉を聞いたことはないでしょうか。私たちの腸内には多数の細菌が住んでおり、顕微鏡で見るとお花畑に見えることから腸内フローラと呼ばれています。

 

理想的な腸内フローラの割合は、善玉菌2:日和見菌7:悪玉菌1です。このバランスが崩れることで便秘や肌荒れを始めとする様々な体の不調を引き起こすと言われています。

 

そして、この腸内フローラは自分で整えることができます。体の不調を感じる場合、悪玉菌が増え過ぎていると考えられます。

 

乳酸菌サプリメントやヨーグルト、オリゴ糖を食事に取り入れることで善玉菌を増やし、腸内フローラのバランスを理想に近づけることができます。

 

善玉菌や悪玉菌を含む腸内細菌は人それぞれ違うので、サプリメントを飲んでも効果が出ない方もいます。説明書き通りに使用して効果が見られない場合は他のサプリメントを試してみてください。

 

毎日同じヨーグルトを食べている方も、腸内環境を整える目的であるならば色々な種類のヨーグルトを食べて色々な種類の乳酸菌を取り入れることがおすすめです。

 

 

 

 

腸内環境の改善は全身の美容と健康に欠かせない

「腸内環境の改善」と聞くと、お通じを良くしたり、快便になることだと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、腸内環境はお通じに関わってきますが、美容と健康に与える影響はそれだけではありません。

 

腸の役割として、栄養を吸収し、栄養を吸収した残りかすを便として排出することを挙げることができます。

 

したがって、腸の働きに問題があれば、うまく便ができず、排出もうまくいかないということだけでなく、 栄養をうまく吸収できないということになりかねません。

 

食事に気を付けたり、サプリメントを摂取したりして栄養を摂ろうとしても、しっかり吸収できないのであれば意味がありません。

 

栄養不足で、肌や髪がボロボロということにもつながります。 お通じの面だけでなく、全身の美容と健康に腸内環境は関わっています。

 

 

 

 

 

 

腸内環境は人間の生命の源であふり生命活動の 根源

腸内環境には無数の細菌が住んでいます。そこで胃や肝臓から送られてて来た食物を腸内環境で吸収し消化し再び肝臓を通して必要な部署に必要な栄養分として作られ送られていくのです。

 

その部品一つ一つを部品を作っているのが60兆にも登る腸内細菌です。

 

腸内細菌の代表的なものが皆さんご存知のヤクルトと製品に含まれている成分一つ一つの細菌です。

 

この部品は人間の周囲の環境に敏感で細菌の調子のいいときは善玉コレステロールをつくり血管などを丈夫にしたりする働きがありますが強いストレスが溜まると悪玉4コレステロールをつくり体内の様々なところの部品を壊していきます。

 

例えば動脈硬化であったり下痢であったりいろんな臓器のあらゆる場所に悪い影響を与えていくのです。

 

その意味で、腸内環境は私たちの生きる源となって昼夜活動してくれているのです。